京都で少人数結婚式をする時に予約を行うタイミング

日本国内のリゾート婚のロケーションとして、京都が人気を集めています。

市内には世界遺産や国宝、重要文化財に指定されている宗教施設がたくさんあり、府外在住のカップルでも気軽に結婚式ができます。


最近は外国人のカップルが市内の有名な神社で結婚式を行うケースも増えています。


そのため、人気が高い施設であればすぐに予約が埋まってしまいます。

京都の少人数結婚式について気になる方はこちらです。

京都市内で少人数結婚式ができる式場で人気が高い一部の施設であれば、1年前から予約ができます。人気が高い施設であれば、曜日によっては予約受付けの開始日に一杯になってしまう場合があります。


ほとんどの式場は6ヶ月前から予約を受け付けていて、3ヶ月前になると土日や祝日の予約が困難になってしまいます。
京都で少人数結婚式を行う場合、土日祝日など人気が高い日を狙うのであれば予約受付日に、平日であれば遅くとも3ヶ月前まで予約をするようにしましょう。中には予約をキャンセルするカップルもいるので、3ヶ月内になれば直前割引が実施される場合があります。



希望する式場の予約が取れない場合でも辛抱強く予約状況を確認すれば、割引料金で式が挙げられる可能性があります。少人数結婚式の場合でも宿泊施設を確保する必要があるので、ホテルや旅館も式場の予約と一緒に早めに予約をしておくようにしましょう。

一般的に京都市内のホテルの多くは半年前から個人向けの予約を受け付けています。秋の紅葉シーズンや春の桜の時期、祇園祭と五山送り火の期間中は、便利な場所にあって手頃な値段で宿泊できるビジネスホテルでは予約を受け付けてから数秒〜数分程度で枠が一杯になってしまいます。観光シーズンであれば個人で予約をせずに、旅行会社を利用するようにしましょう。