工場での求人について

今、日本の製造業を始めとして、工場などで働く人が減少をしているとも言われています。

長引く不況の中でなるべく人件費を抑制しようと各企業などが採用を抑制したり、あるいは退職した熟練のベテランを再雇用するなどして新規採用を抑制したこともあり、さらにはできるだけ新型の機械を導入するなどして、人手が不要なようにその製造ラインなどを変更するなどといったように、あの手この手を使って、採用を抑制した着た経緯があります。

また、ラインでの作業でどうしても人手がいる場合には派遣会社などと契約を結んで、人材を日雇いの様な形で派遣してもらって、それで頭数を調整し、何とか凌いできたという経緯もあります。ただし、景気が良くなってくるとこうした工場などでも仕事が増加することが見込まれますので、工場での求人数も増加すると見込まれています。



求人数を増加させて、団塊の世代が担ってきた技術を次代に引き継がせないといけないところも出てきていて、求人に対する応募を増やすために、賃金などの労働条件をよくすることで対応をしようという動きも見られてくるようになってきています。
工場での勤務は機械などを24時間フル稼働させて作業をするところも多く、それだけに交代要員が必要不可欠な状態になっています。



交代要員としての正社員を確保しないといけない事態になってきていますから、そのあたりをどう工場側は考えるのか、人員配置を考える上で、雇用の問題を解決しなければならないところが多く出てきています。